IT用語辞典

Microsoft Windows 95

Microsoft Windows 95(マイクロソフト ウィンドウズ きゅうじゅうご)は、Microsoft Windows 3.1の後継としてマイクロソフトが1995年に出したオペレーティングシステム (OS) である。正式名称はMicrosoft Windows 95 Operating Systemである。 Microsoft Windows (Windows) ファミリーの1つであり、コードネームはChicago。Windowsの内部バージョンは4.0(初期版)である。 別製品であったMS-DOSとWindowsを統合し使いやすさと性能を向上させたコンシューマ向けオペレーティングシステムであり、次のような機能が特徴である。 * グラフィカルユーザインタフェース (GUI) の改善 * ネットワーク機能の充実 * Win32 API * ファイルI/Oの改善 * 長いファイル名 * プラグアンドプレイ * MS-DOSや以前のバージョンのWindowsとの互換性 ただし、上記の機能の中にはWindows for Workgroup 3.11やWindows NT 3.51で既に実装されていたものもある。 グラフィカルユーザーインターフェースの改善 アップルコンピュータとのGUI絡みの裁判が決着したことを背景に、タスクバーやスタートメニュー、マウスの右ボタンのクリックで表示される内容の一覧から希望する処理を選択するといったユーザーインターフェースなど、UIデザインの大幅な刷新が図られた。特に、従来のWindowsではアプリケーションランチャ、タスクマネージャとしてしか機能していなかったデスクトップを一般的なディレクトリ(フォルダ)のひとつとしたことで他のディレクトリとシームレスにファイルを移動できるようになった点が革新的であった。 完成度の高かったこのGUIはその後ほとんど変更を加えられておらず、Windows XPやWindows VistaのクラシックモードにおいてもWindows 95とほとんど同一のデザインが採用されている。 ネットワーク機能の充実 ビジネス分野でのLANの普及に対応しネットワーク設定の容易化を進めた。特に日本では、ネットワーク機能付きのWindows for Workgroup 3.11が販売されず代替としてWindows NT Workstation 3.5が他国の販売価格と比較して安価に提供され、先進的なユーザがその導入を行っていたがごく一部の動きに留まっていた。そのためもありWindows 95は大きな期待を集めた。当初の戦略としては、LANはNetBEUIまたはIPX/SPX、WANはMSNを利用すると位置付けていたが、前年の1994年ごろよりインターネットでWWWの普及に弾みが付き始めたのに対応して、インターネットに必要な通信プロトコルのTCP/IPを選択することもできた。次の組込み版バージョンではTCP/IPが初期状態で選択されており、Windows 95を使えばインターネットに接続できるというイメージ戦略も成功し人気に拍車をかけることになった。 Win32 API [編集] Win32 APIが提供され、高速な32ビットコードによるプログラムをWindows上で使用可能になった。ただし、Windows 95で実装されたWin32 API(かつてはWin32cと呼ばれていた)はWindows NTで実装されていたものと完全な互換性はなく、Windows 3.1で実装されていたもの (Win32s) とも異なるものであった。 ファイルI/Oの改善 ファイルI/Oを32ビットプロテクトモードで行い、MS-DOSのファイルI/O機能を使用せずにファイルI/Oを行えるようになった。これにより、MS-DOSのファイルI/O機能を使用していた以前のバージョンのWindowsよりファイルI/Oの性能が向上した。 なお、スワップファイルへのアクセスに限ってはWindows 3.1の段階で既に32ビットI/Oを実現していた。 その他 ファイルシステムであるFATを拡張し、VFATとしてWindows 3.1では不可能であった長いファイル名(最大255バイト)が利用可能になった。 プラグアンドプレイによる周辺機器の容易な増設など分かりやすさを狙った設計となっていた。そのため、それまで専門的な知識を必要としたパソコンは誰でも手軽に使えるものになったと謳われた。 インターネットを使ってソフトの修正モジュールが配布されるようになったのも大きな特徴であった(初期版は特に修正モジュールが多かった)。 ゲームはWindows 3.1にもあったマインスイーパ・ソリティアのほか、新たに(Win32sの付属サンプルでもあった)フリーセル・ハーツとHover!が付属する(なお、Hover!はその後のWindowsには付属していない)。また、マルチメディア機能が強化され、後にDirectXが提供された。 DOSプロンプトから複数のDOSアプリケーションを同時に実行できるだけでなく、Windows 95を終了せずにリアルモードのMS-DOSを実行できた。Win16アプリケーションも実行でき、その場合は以前のバージョンのWindowsと同様の動作であった。VFATによる長いファイル名とファイルの拡張子によるアプリケーションの関連付けは不完全ながら下方互換性があり、Windows 95のファイルシステムをMS-DOSからアクセスできた。また、プロテクトモードのドライバを持たないデバイスをリアルモードのドライバを使用して Windows 95よりアクセスできた。 Windows 95のパッケージ内容はMS-DOS 7.0/7.1とWindows 4.0のセットであり、MS-DOS 7.xを単独で起動したりWindows 3.1以前と同様MS-DOS用のメニューソフト(ランチャーソフト)やコマンドラインからWindows 4.0を起動することも可能である。また、PC-9801シリーズにおいてはMOディスクへのインストール及びMOディスクからの起動が可能であり、ハードディスクを持たないWindowsマシンを構築することが可能である(PC/AT互換機及び、Windows 98以降では不可能である)。 ちなみに、Windows 95のコンピュータの終了時のサウンド曲はWindows 3.1以前のコンピュータの起動時のサウンド曲と同じ曲が使用されている。 リリース 1995年8月25日英語版が12ヶ国で先行して発売され、日本語のベータ版もリリースされていたことから日本でもある程度の情報が広まっていたが、日本語版の発売された1995年11月23日(祝日(勤労感謝の日))の秋葉原などでは深夜11月23日になった瞬間に販売を始める店が多く、業界関係者や報道陣を中心に一種のお祭り騒ぎの様相を呈した。この様子はテレビなどで報道され売り上げに貢献した。なお、その後のWindowsの新バージョンの発売開始日はWindows 95の時ほどの賑わいは起こっていない。このあとWindows 95は20世紀最大のヒット商品と言われた。 Windows 95は先行してリリースされていたWindows NTに比べると安定性や信頼性に劣り、技術的には不完全なものであった。さらに、従来のWindows 3.1よりも使い勝手が改良されていたものの、Macintoshと比較してまだまだ劣っていると批判されることがあった。しかしWindows 95はユーザー・市場のニーズをよく読んでそれに応えるという現実的な解を提供し、マーケティングの成功といえた。これによりWindows 95はデスクトップOSの事実上の標準となり、PC-9800シリーズ、FM TOWNSなどのx86ベースの独自プラットフォームのパソコンはPC/AT互換機に吸収されていった。 リリースとしてはCD-ROM版とフロッピーディスク版がリリースされた。 直接的な後継OSとしては、以下のものが存在する。 * Windows 98 * Windows 98 SE * Windows Me 現在では、さまざまな問題点を解決するためにまったく新しく設計されたWindows NT系のOSが主流となっている。 構造 Windows 95は、カーネルモードのモジュールとユーザーモードのモジュールから構成されている。80x86アーキテクチャのリングプロテクションを利用することによって、前者はリング0、後者はリング3で実行される。 カーネルモードのモジュールには以下のものがある。 * Virtual Machine Manager (VMM) * Virtual Device Driver * Installable File System これらのモジュールは32ビットプロテクトモードで実行され、Windows 95の動作中にはリアルモードのMS-DOSと置き換わる形となる。このような構造の基本は以前のバージョンのWindowsより引き継いだものであり、 Windows 95でにわかに実現したものではない。なお、Windows 95の構造として「リアルモードのMS-DOS上でプロテクトモードのWindowsが動作している」と説明されることもあるようだが、正確な表現ではない。 ユーザーモードのモジュールには以下のものがある。 * Kernel * User * GDI これらのモジュールの一部(特にUserとGDI)は以前のバージョンのWindowsより引き継いだ16ビットコードで記述されており、Win32 APIが使用された時も16ビットコードが実行されることがある。これにより以前のバージョンのWindowsとの互換性を高めメモリの使用量を減少させているが、16ビットコードの問題がWin32アプリケーションに影響を与え性能を低下させることもあった。 Windows 95のVMMは、Win32アプリケーション、DOSアプリケーションに対して各プロセスに固有のアドレス空間を与え、プリエンプティブ・マルチタスクとして実行する。このため、特定のアプリケーションの問題によりCPUが占有されるトラブルはなくなった。 一方Win16アプリケーションに対しては、以前のバージョンのWindowsと同様にすべてのプロセスに共有アドレス空間を与えノンプリエンプティブ・マルチタスクとして実行する。これにより以前のバージョンのWindowsと互換性を保っているが、Win16アプリケーションを使用した場合以前のバージョンのWindowsと同様にシステムリソースの制限やCPUの占有によるトラブルが発生する。ただし、Win16アプリケーション同士のプリエンプションに制限はあるがWin16アプリケーションとWin32アプリケーションとのプリエンプションは可能であるため、Win16アプリケーションの問題によりWin32アプリケーションにCPUが与えられなくなることはない。 なお、DLLは上記のKernel、User、GDIも含め、Win16アプリケーションと同じアドレス空間を共有する。 マイナーバージョン マイナーバージョンは次の4つに分かれる。 * 初期版 - 内部バージョン4.0 * OSR (OEM Service Release) 1 - 内部バージョンは4.0a。初期版にサービスパック1を適用したものと、当初からOSR1のものがある。※この2つのバージョンのみ単体パッケージとして販売された。 * OSR2およびOSR2.1 - 内部バージョンは4.0b。初期版発売から1年あまり経った1996年末頃、ハードウェアとのセットを条件とするOEM専用版(単体パッケージでは発売されず)としてリリース。多数のバグ改良とHDDのDMA転送のサポート、FAT32(非公式)などの新機能が盛り込まれ、大きな変化が生じた。OSR2.1ではAGPバスやUSBへの対応がされた。ただしWindows 95で利用可能なUSB機器はほとんど存在せず、正式にはWindows 98(安定版はSE)まで待たねばならなかった。 * OSR2.5 - 内部バージョンは4.0c。1997年頃、ハードウェアセットのOEM専用版としてリリース。Internet Explorer 4.0が統合され機能的にはWindows 98に近くなっているが、このため処理が重くなっている。誤って「OSR3」と呼ばれることがあった。 初期版およびOSR1と、OSR2系では、ハードウェア増設時の手順や画面に違いがあり、OSR2.0リリース以降の各周辺機器メーカーの取り扱い説明書では、操作方法をWindowsのバージョンによって場合分けして説明しているものがある。 また機能拡張パックである「Microsoft Plus! for Windows 95」が別売されていた。これを利用するとアイコンに使用できる色数が16色から多色に増えたりフォントのスムーズ表示機能が拡張されたりする。他に、ディスク圧縮ツール、Internet Explorer 2.0(英語版は1.0)などインターネット用のツール、アイコン・サウンド・壁紙のデータ「デスクトップテーマ」、3Dピンボールゲームが付属する。なお、この3Dピンボールは後のWindows Meより標準添付となる。 システム要件 以下は日本語版の場合である。 * コンピュータ本体 - 486SX以上を搭載したコンピュータ(2.2GHz以上のCPUではインストール不可)[1] * メモリ - 8MB以上(12MB以上を推奨) * ハードディスク - 75MB以上の空きディスク容量が必要(インストールする機能により、さらに容量が必要となる場合がある) * ディスプレイ - 640x400以上表示可能なもの * 光学ドライブ - CD-ROMドライブ(あるいはFDDドライブ) アップグレード版ではコンピュータにMS-DOS 5.0以上とWindows 3.1がインストールされていることが必要である。
お問い合わせはこちら!