IT用語辞典

Microsoft Windows 98

Microsoft Windows 98(マイクロソフト ウィンドウズ きゅうじゅうはち)は、マイクロソフトが1998年に発売したPC用OSである。当初1997年に発売されるとアナウンスされており、Windows 97という仮称でも呼ばれていた。コードネームはMemphis(メンフィス)。なお、本記事では1999年に発売されたWindows 98 Second Edition(~セカンドエディション)略称98SE(Windows 98 SE)を含めて記述する。                                                                                         概要 [編集] Windows 95 OSR2 (OEM Service Release 2)以降から引き継いだ機能として、USB、IEEE 1394(ただしWindows 98では暫定的な対応となっており、正式対応はWindows 98 SEから)などのインタフェースに対応。また、ファイルシステムとしてFAT32にも対応しているため効率的なディスクの管理ができ、大容量のハードディスクドライブも使えるのもWindows 95 OSR2以降と同様である。 ウェブブラウザのInternet Explorer 4.0をOSに統合し、ネットワーク上のファイルもローカルファイルと同様に操作ができる点もWindows 95 OSR2.5を踏襲している。 1999年9月10日にはWindows 98 Second Edition (Win98 SE) 日本語版が発売された。こちらはInternet Explorer 5.0を搭載し、また新たにDVD-ROMなどのサポート、USB 1.1対応やIEEE 1394の対応の強化、他にも機能の拡張や西暦2000年問題などのバグの修正などが行われている。Windows 98 SEのリリース要因にはアメリカの放送局CNNのテレビ番組に出演していたビル・ゲイツの目の前でWindows 98がクラッシュするというハプニング[1]があったためリリースしたとも言われている。 Windows 98はWindows 9x系のOSでWindows 95等と同様32ビットと16ビットのコードがカーネル混在しており、システムの随所でMS-DOSのコードを呼んでいること、メモリ保護が不十分にしかなされていないこと、システムリソースと呼ばれる領域の一部が64キロバイトという狭い領域に制限されていることなどが要因で動作が不安定になる場合も多い。このため、Windows NT系と比べて安定性は低い。しかし、9x系の安定性についてはドライバやハード面の影響も大きく、Windows 98に最適なデバイスやドライバ、OSや使用ソフトに見合ったマシンパワーがあればさほどブルースクリーンやフリーズに見舞われることはない。 また、本OSの後継にあたるWindows Meや別系統(NT系カーネル)のWindows 2000やWindows XPなど後継のOSよりも要求されるマシンスペックが低いこと、古いソフトが動作することなどから、マイクロソフトによるサポートが終了(後述)した現在においても一部(主として専用システム)で利用されている。中古パソコンやジャンクパソコンの有効活用[2]、Virtual PCやVMwareなどの仮想マシン上でのゲストOSとしての利用、後継OSでは動作しないゲームソフトのため等の場面が考えられる。特にWindows Meではシステムの安定性に問題があったため、法人ユーザー向けのPC製品には2002年ころまでWindows 98 SEがプリインストールされた機種が販売されていた。                                                                         2009年1月現在、マイクロソフトの各種サポートが打ち切られていることからWindows 98に対応する製品は一部のゲームソフトや周辺機器を除いてほとんど姿を消している(動作はするが、サポートしないものも含む)。マイクロソフトのサポート終了後、Windows XPなどのNT系統への移行が加速しているのが窺える。また、Windows98に対応することはPC-9800シリーズでの動作をもサポートしなければならないことを意味するため(Windows 2000が最後のPC-9800シリーズ対応、すなわち最後の非PC/AT互換機対応OSだが、こちらはNT系統であるため未だ対応するソフトが多い)、Windows98をサポートしないことにはプログラム検証の負担を軽減できることや機種依存コードを記述可能になるなどのメリットもある。                                                   また1999年以前に登場したWindows 98及びWindows 98 SEは広帯域接続(ブロードバンドインターネット接続)の普及が本格化する前に発売された為MTU値等の設定が電話回線(ダイヤルアップ接続)に最適化されており、ADSLやFTTHといった大容量・高速回線で回線本来の性能を発揮できない(ただし、レジストリでMTU値などの設定をブロードバンド回線向けに最適化できる)。                                                                                       Windows 98とWindows 98 SE(および後継のWindows Me)は、2006年7月11日限りでセキュリティホール対策モジュール提供などのサポートが打ち切られた[3]。2007年5月2日、独立行政法人情報処理推進機構は、「サポートが終了したOSの利用は非常に危険な行為である」とアナウンスしている
お問い合わせはこちら!